豊橋市の矯正歯科 村木矯正歯科クリニック 豊橋市 田原市 豊川市

矯正治療の症例

叢生(八重歯、でこぼこなど)

症例写真

歯がでこぼこに生えている状態を叢生(そうせい)といいます。
歯ブラシがゆきとどかず歯の汚れが残りやすく、むし歯、歯槽膿漏、口臭などの原因になることもあります。

上顎前突(出っ歯)

症例写真

上顎、または上の前歯が前方に出ている状態を、上顎前突(じょうがくぜんとつ)といいます。
歯を折りやすいなど外傷につながりやすく、唇を閉じにくいことが多く、見た目にも口元が気になることもあります。

反対咬合(受け口)

症例写真

下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせを、反対咬合(はんたいこうごう)といいます。
受け口の人は、食べ物がよくかめないだけでなく、聞き取りにくい話し方になります。また、顔つきもしゃくれた感じになり、見た目にも気になる場合が多いです。

開咬

症例写真

口を閉じても歯が噛み合わずに開いている状態を開咬(かいこう)といいます。
指しゃぶり、口呼吸、舌を前に突き出すなどの悪い癖が原因となることが多いです。開咬は、食べ物を噛みにくく、発音もしにくくなり、顎関節にも負担がかかります。

過蓋咬合

症例写真

噛み合わせが深く、上の歯が下の歯に深くかぶさっている状態を過蓋咬合(かがいこうごう)といいます。
噛み合わせが深いことにより歯がすり減ったり、笑ったときに歯茎が多く見えたりすることがあり、顎関節にも負担がかかります。

上下顎前突

症例写真

上の前歯も下の前歯も前に出ている状態を上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)といいます。
口元全体が前に出て唇が閉じにくく、普段から口を開いていることが多くなります。歯並びは良くても、口元の見た目が気になったり 、口呼吸になりやすくなります。